コラーゲンとビタミンCの相乗効果

 

弾力とハリのある肌をキープするために必要な成分であるコラーゲン。

 

このコラーゲンは30代を過ぎると体内で保有する量が急激に減っていくため、食事だけでなくサプリメントやドリンクなどを上手に活用して、毎日5,000mgを目安に摂取するのが望ましいとされています。

 

そのため、美しさや若々しさを求める多くの女性が、コラーゲンを積極的に摂取するようになり、コラーゲンに関するさまざまな製品が発売されるようになってきました。

 

確かに、コラーゲンを積極的に摂取することはお肌にとって良いことですが、じつはコラーゲンには併せて一緒に摂取するとより一層効果が高まると言われている栄養素があるのです。

 

その栄養素とは、みなさんにも馴染みの深いビタミンCなのです。ビタミンCには体の代謝を円滑にする働きに加えて、体内でコラーゲンを生成するという重要な働きがあります。そのため、体内でこのビタミンCが欠乏してしまうとコラーゲンの生成量が減少してしまい、骨の強さや肌のハリなどに影響が出てしまうのです。

 

また、ビタミンCには色素の沈着を防いでシミやソバカスなどを予防する働きがあるほか、血液中のコレステロールを低下させる働きもあるなど、美容には欠かせない成分となっているのです。

 

このようにわたしたちの体の健康維持と美容に欠かせない成分であるビタミンCですが、その性質が水溶性であるため体内に蓄積することができず、摂取から2〜3時間で排泄されてしまうと言われています。

 

ビタミンCは非常に重要な成分を持つと同時に、コラーゲンと併せて摂ることで相乗効果を期待できるものです。サプリメントやドリンクなどでコラーゲンを摂る際には、併せてビタミンCを積極的に摂取すれば、より効果を実感できるようになるはずですよ!

 

 

コラーゲンとビタミンC関連ページ

一日のコラーゲン摂取量
良い肌の状態をキープするためには一日にどのくらいのコラーゲンを摂取し続ける必要があるのでしょうか。
マリンコラーゲンとは
マリンコラーゲンは別名海洋性コラーゲンとも呼ばれているものなのですが、一般的なコラーゲンと比べてどこがどのように違うものなのでしょうか。
低分子コラーゲン
最近販売されいているコラーゲンのサプリメントやドリンクなどには、「コラーゲンを低分子化してあります」というような宣伝文句が書かれていることがよくあります。
コラーゲンの副作用
コラーゲンですが、毎日摂取し続けることで何か副作用が出るような心配はないのでしょうか?