コラーゲンに副作用はある?

 

一日の必要量は約5,000mgとも言われているこのコラーゲンですが、毎日摂取し続けることで何か副作用が出るような心配はないのでしょうか?

 

今のところ、コラーゲン摂取による重大な副作用は報告されておらず、コラーゲンを毎日摂取し続けることによって、何か健康に重大な影響を与えることはないと考えられています。またコラーゲンが配合されたサプリメントやドリンクと医薬品との相互作用も報告はなく、問題ないとされているようです。

 

ただしコラーゲンの成分そのものに関しては、体質的に合わずにアレルギー症状や過敏症などが現れる方がいらっしゃるようです。皮膚がかゆくなる、何となく息苦しくなるといった症状が出てしまった場合には、アレルギー症状が現れたことが考えられますので、ただちに服用を中止して医療機関を受診する必要があります。

 

というのも、コラーゲンのサプリメントやドリンクなどの中には、動物性コラーゲンを主原料としているものがあり、原料となっている動物にアレルギーを持つ方は、製品化されて形を変えたコラーゲンであってもアレルギー症状を起こす可能性があるからなんです。

 

一般的にはコラーゲンには副作用はありませんが、このようにアレルギーをお持ちの方の場合は、服用するサプリメントやドリンクのコラーゲンが何を原料にしているのかをきちんとチェックする必要があると言えるでしょう。

 

 

コラーゲンに副作用はある?関連ページ

一日のコラーゲン摂取量
良い肌の状態をキープするためには一日にどのくらいのコラーゲンを摂取し続ける必要があるのでしょうか。
マリンコラーゲンとは
マリンコラーゲンは別名海洋性コラーゲンとも呼ばれているものなのですが、一般的なコラーゲンと比べてどこがどのように違うものなのでしょうか。
低分子コラーゲン
最近販売されいているコラーゲンのサプリメントやドリンクなどには、「コラーゲンを低分子化してあります」というような宣伝文句が書かれていることがよくあります。
コラーゲンとビタミンC
コラーゲンには併せて一緒に摂取するとより一層効果が高まると言われている栄養素があるのです。その栄養素とは、みなさんにも馴染みの深いビタミンCなのです。