低分子コラーゲンとは?

 

最近販売されいているコラーゲンのサプリメントやドリンクなどには、「コラーゲンを低分子化してあります」というような宣伝文句が書かれていることがよくあります。

 

コラーゲンとは、人間や動物の体内に多く含まれているたんぱく質の一種。わたしたちの体の中にも存在しているものなのですが、そのコラーゲンを低分子化した低分子コラーゲンとは、いったいどのようなものなのでしょうか。摂取してもわたしたちの体には問題がないものなのでしょうか。

 

通常、食事などに含まれている一般的なコラーゲンは分子量が約30〜40万という、かなり大きな粒子になっています。そのため、せっかく摂取しても体内には吸収されず、そのほとんどが排出されてしまうのです。

 

そこで、コラーゲンの分子量を小さくペプチド化した低分子コラーゲンが開発されたのです。低分子コラーゲンは分子量を約1万以下にまで小さくしたもの。低分子コラーゲンと呼ばれるものに明確な定義はありませんが、その多くは分子量を3,000以下にしてある場合が多いようです。

 

ここまで分子量を小さくした低分子コラーゲンは、体内に摂取すると効率的に吸収されるようになっています。ですから、サプリメントやドリンクなどにはこうした低分子コラーゲンを配合してあるのです。

 

また、低分子コラーゲンは分子量を小さくしてあるだけで、コラーゲン質に大きな変化を与えるものではありませんので、摂取しても体には害はありません。むしろ吸収率が高くなるので、低分子コラーゲンの方が、より効果を実感できるようになると言えます

 

低分子コラーゲンとは?関連ページ

一日のコラーゲン摂取量
良い肌の状態をキープするためには一日にどのくらいのコラーゲンを摂取し続ける必要があるのでしょうか。
マリンコラーゲンとは
マリンコラーゲンは別名海洋性コラーゲンとも呼ばれているものなのですが、一般的なコラーゲンと比べてどこがどのように違うものなのでしょうか。
コラーゲンとビタミンC
コラーゲンには併せて一緒に摂取するとより一層効果が高まると言われている栄養素があるのです。その栄養素とは、みなさんにも馴染みの深いビタミンCなのです。
コラーゲンの副作用
コラーゲンですが、毎日摂取し続けることで何か副作用が出るような心配はないのでしょうか?