マリンコラーゲンとは

 

このところ、さまざまな分野から注目を集めているマリンコラーゲン。

 

マリンコラーゲンは別名海洋性コラーゲンとも呼ばれているものなのですが、一般的なコラーゲンと比べてどこがどのように違うものなのでしょうか。

 

コラーゲンは、動物性コラーゲンとマリンコラーゲンの2種類に分けることができます。動物性コラーゲンは牛や豚・鶏などの骨や皮がその原材料となっているのに対し、マリンコラーゲンは魚の骨や皮・うろこなどが原材料となっています。

 

そのため、鶏肉や牛肉などにアレルギーをお持ちの方は、基本的に動物性コラーゲンの摂取は避けた方がよいとされているのです。しかし、マリンコラーゲンにはアレルゲンとなる物質が少ないため、動物性たんぱく質などにアレルギーを持つ方でも比較的安心して摂取することができるのです。

 

また、コラーゲンは一定の温度を超えると解けてしまい、アミノ酸がいくつか結合したペプチドという形になって体内に吸収されるのですが、動物性コラーゲンの融解温度が約35〜38℃になっているのに対して、マリンコラーゲンの融解温度は9〜12℃という低温で溶けると言われています。そのため、マリンコラーゲンの方が体内への吸収率が高く、より効果を実感しやすくなるのです。

 

体への吸収率が高く、アレルギーの心配の少ないマリンコラーゲン。動物性コラーゲンと比較すると、コラーゲン特有の気になる臭いも少ないそうなので、コラーゲンは苦手だと感じていらっしゃる方や吸収率を求める方などには、このマリンコラーゲンがおすすめなのではないでしょうか。

 

 

マリンコラーゲンとは関連ページ

一日のコラーゲン摂取量
良い肌の状態をキープするためには一日にどのくらいのコラーゲンを摂取し続ける必要があるのでしょうか。
低分子コラーゲン
最近販売されいているコラーゲンのサプリメントやドリンクなどには、「コラーゲンを低分子化してあります」というような宣伝文句が書かれていることがよくあります。
コラーゲンとビタミンC
コラーゲンには併せて一緒に摂取するとより一層効果が高まると言われている栄養素があるのです。その栄養素とは、みなさんにも馴染みの深いビタミンCなのです。
コラーゲンの副作用
コラーゲンですが、毎日摂取し続けることで何か副作用が出るような心配はないのでしょうか?